fc2ブログ

房総清和県民の森寂光不動の沢

今回紹介する沢2本は実のところ、ショボイのである。
それなりに小滝や滑は連続しているけれども、わざわざ行くこともない。

「だったらブログに出すな!」と叱られるのを承知で書こう。
理由は、見知らぬ沢ではいろんなことが起きるものだということです。

寂光不動の沢
これが案内図

千葉県 清和県民の森 寂光不動と笠岩については、ガイドブックを参照されたい。
ここでは、笠岩から見下ろす小沢と、さらに東の向こうにある沢を説明する。

ガイドブック通りだと「フルーツ村」の中を抜け、笠岩に登り,、寂光不動に達してから、
林道旅名線を通って旅名へ戻る。
1つ目の沢は、この周回コースに囲まれた谷間である。名前は「小袋沢」というらしい。

で、沢の出合いはというと、フルーツ村へ降りる橋の下。そこは三島湖上流の
バックウオーターなのだ。
従って、更に上流にある豊英ダムの直下なので、放水中のとき、
あるいは更に下流の三島ダムが満水のときは全くエントリーできない。
冬の渇水期しか入れないのだ。豊英ダム放流

なお、くれぐれも橋のたもとには駐車しないこと。
ここは橋の幅が狭いための待避場所なのだ。フルーツ村に営業妨害で怒られる。

橋のたもとから無理やり沢床に降りると、左手にこの枝沢が流入している。
入り口の雰囲気がらすると、ゴルジュの続く、とても良さそうな沢に見えるのだが、、、、
まあ、段差は低いがそれなりに滑滝しているが、如何んせんスケールが小さい。
のんびり、何も考えずに歩く沢でしかない。
詰めは植林帯を選んで尾根道へ登れば寂光不動へのハイキングコースに飛び出す。

11月中旬、この沢を詰めたとき、ハイキング中の地元らしき中高年夫婦と出会った。
「もう気温が低いからヤマヒルもいなくて、沢登りもいいね」という。

アレ、ここにもヤマヒルが出るのか?と不審に思った。
なんとなれば、初夏に清和県民の森の沢には何本か入っているが、
一度もヒルにやられたことはない。
この県民の森にはキャンプ場もあるが、「ヒルに注意」の看板も無かったし。

だが、笠岩経由でフルーツ村に降下し、車のところで着替えてフト見たら、、、
ズボンの裾にまさしくヒルが付いているではないか!!
まあ、このルートの東隣はヒルの王国「奥米渓谷」である。
ヤマヒルをヒズメの裏にくっつけて運ぶ鹿がうようよしてるから、いても不思議ではない。
11月の気温ではダメ、確実に10度以下の冬でないとヤマヒルは活動してるのだ。

もう一つ。ヤマヒルよりはるかに危険な「ツツガムシ」(ダニの一種で地中生活してる)
の幼虫が地表に現れるのは、他県と違って夏ではない。
房総半島では11月から12月だという。
となると、房総の山登りは1月から3月に限定されてしまうのだ。悲しい。

その3月ですら、沢登りとヤブコギをしてた私は正体不明の虫にやられたことがある。
両足首がリング状に晴れ上がり、以来、1年間もかゆくてたまらなかった。

ついでながら、登山したあくる日以降、風邪に似た症状で高熱が出たら、
ツツガムシを疑うこと。すぐに医者に行くべし。山に入った直後であることを申告すべし。
それもツツガムシを知っている、診察したことがある田舎の診療所へ行くべし!
都会の医者はツツガムシを知らない。手遅れになったら助からない。

早期に適切な薬を注射してもらえば、後遺症も残らず簡単に治る。
だが、2,3日、モタモタしてたら、体中に血栓が出来て死に至るという。オソロシイ。

山奥の林道工事の現場で、土建屋の社長と出会って話したことがあるが、
結構な確率でツツガムシにやられる山域があるらしい。
やられたら直ちに工事を中断し、市役所に連絡。大々的に殺虫剤を撒くという。
それで殲滅できるのか?疑問ではある。

ツツガムシは法定感染症?だから、医師は保健所に連絡する義務がある。
だが、死亡事故にならない限り新聞ダネにはならない。


もう1本の小沢は「瀬戸沢」というらしい。
出合いは、前記フルーツ村より下流、つまり北へ2kmくらいの三島湖の
「佐山橋」南詰めの旧道下から入る。旧道の赤い宿原橋のすぐ南である。

「下」という意味は、、、旧道の橋代わりになってる大きなヒューム管を潜るからだ!
ちょっと情けない。渇水期の三島湖畔に降りれないと全く出合いは分からない。
だが仕事で潜る人がいるらしく、ヒューム菅に登る木製のハシゴがあった。

このコンクリ管には水が流れていない。何で?
沢水は、ヒューム管を外れて全部、脇から流出して三島湖へ流れ落ちているのだ!
だから周囲は崩れてしまっているから、ヒューム管に登るハシゴが必要なわけ。
管をくぐって沢に入ると湿地同然。ズブズブ沈む。
崩れたところで水がせき止められてるからだ。

ふと見上げると、上を新道の佐山橋が沢を横断している。
そのたもとから太いロープが、この沢まで25mほとブラ下がってるではないか!
上の橋の欄干からロープを見下ろしたところ。
瀬戸沢出合いのロープ

ヒューム管をくぐったり湿地を歩いたりしないで、仕事師はロープを伝って降りる?
それとも登る?こっちのほうが絶対ヤバイ。
ロープも古いし、腕力が保つかどうか?自己責任である。

どうもこの沢には仕事で入る人間がいたことは確実なのだが、
沢を遡行しても全くそのような現場には遭遇しない、人跡未踏?の沢だ。ナゾである。

ということで、こっちも滑小滝が連続するだけで、あとは何もない静かな沢歩きのみ。
沢の詰めは251.8mピーク。上がった尾根道は西進してるが、すぐに行き止る。
東から北へと尾根を進む。

やがて舗装林道が下に見えるので、そこへズリ下る。
林道終点には「ファミリー向けアスレチック公園」があるらしい。

帰るためには林道を下る。すぐに立派な案内看板があった。
「宿原橋コース、ファミリー向け」とある。「三島湖を見下ろせる展望の良いコース」だ!
このコースを北西に進めば旧道「宿原橋」のたもとへ出る。
楽勝である。すでに夕方なので一気にこのファミリーコースに突入。

ところがである。コースはひどく荒れてる。ヤブだらけ。何だこれは?
あとで分かったのだが、ここはすでに廃道になって久しかったのだ!
そんなこととは知らず、崖に突き当たってここをウロウロする。
分岐するはずだが、どうしてもその分岐が見つからない。

日が暮れてきた。やむなく地形図にあるドブ沢へ降りる。
これは三島ダム湖に落ちてるはず。
ドロンコになりながら沢を降りていくと、まさしく頭上に腐った木橋が架かっていた。
これこそが探していた分岐コースだ。
木道によじ登り、腐った橋を恐る恐る渡れば、そこはまさしく宿原橋のたもとだった。
駐車していた釣り人のケータイをお借りして自宅に連絡、ことなきを得た。

振り返れば、そこには「このコースは閉鎖されてます。進入禁止」の立て札あり。
要するにコース反対側の案内板が撤収されずに何年も立っていたというわけ。

財政難で県民の森の事務所が縮小されたとき、多くのハイキングコースが閉鎖された。
そのときに案内看板を外すのが漏れたのだろう。
帰宅してから千葉県に厳重抗議。だから案内板は撤収されてるはずである。
ごく短いコースではあるが、ファミリーだったら腐った橋が見つけられたか?
見つけても突破できなかったろう。
とんでもない行政ミスである。こんなことはけっこうあるのだ。

終わり
































スポンサーサイト



プロフィール

ゴンベ

Author:ゴンベ
房総の沢、滝探検、ヤブ山探検、地形調査、デインギー(ヨット)などを書いていこうと思っています。
分かりやすいように書いていくつもりですが、もし分かりにくいことがあればコメントをいただければ可能な限り答えます。
読んでいただければ幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR