fc2ブログ

南アルプス「市」って何?

甲斐駒夕焼け2
馬の背ヒュッテからの甲斐駒夕焼け

今回も誹謗、中傷を覚悟してでも、どうしても書きたい!
予め言っておくけど、私は山梨県の大フアンである。
私が、かれこれ60年前、本格的に山登りを始めたのは山梨の山であったし、
以来、ずっと南アルプスを主体に登っていた。
ま、理由はカネとヒマが無くて、それ以上遠くには行けなかったからなのだが。
そして40年ものブランク、、、

2年前の夏、長年、憧れたまま登ってなかった仙丈岳へと出掛けた。
中央高速の甲府昭和インターを真夜中に降りて、芦安温泉のバスターミナルを目指す。

あれ、下りた国道には「南アルプス」の表示が? そうか、ここを行けばいいんだ。
だがどんどん人家が無くなって真っ暗な畑の真っただ中。
そう、私はカーナビも無しでロードマップとコンパスだけで、
全国を股にかけてクルマ浸りの仕事の現役を過ごしたジジイなのだ。
何を隠そう、私は、、、
カルロス・ゴーン君お騒がせの日産自動車の開発部門に永年在籍していたのだ。
このことはは最後にオマケ話で説明しましょう。

おっと脱線した!話を戻そう。
困り果てて見つけた畑の中にポツンと明るいコンビニヘ。
レジの女の子に「登山口はどこ?」と聞くと「アタシ、よそ者だから知らない」と素っ気ない。
「いや、このそばのはずなんだけど。そこに南アルプスって書いてあったよ」と言ったら、、、
「だからーあーー、ここが南アルプスなのー!」と地面を指していきなり怒りまくった!
何を怒らせたのか?サッパリ分からない、、、、、コンビニの床が南アルプスなの?

仕方なくインターまで戻って、国道の看板「南アルプス」を再確認。
ロードマップを見直して、ようやく芦安温泉郷の入口の橋の上へ。

だが、次の障害が、、、芦安バスターミナルを表示した案内看板が立っていたが??
そこには四角いグランドみたいな図形が描かれてる。
その周囲に枝道が出ていて各温泉宿の名前があるだけ。
こんな山懐にグランドがあるわけはない。
仕方なく、何度か山麓まで戻って広いグランドを探す。
グランドの周辺にバスターミナルと駐車場があるはず。でも真っ暗な畑ばかり。

もうじき夜が明けてしまう。仮眠もとれない。再び芦安の橋に戻る。
ようやく後続の1台の車が来たので、2台で看板を見ながら悩んだ。
仕方なく、さらに急な奥の山道を登ってみたら、、、なんと、グルッと回って元の橋へ?
その寸前にバスターミナルと巨大な駐車場を発見!

そうか、この看板はぐるっと回る周回路を四角くデフォルメしていたのだ!
なんてこった、分かり易いことが案内板の第一条件だろうが!
案内板は芸術作品じゃないゾ!

結局、寝不足のままバスで登った仙丈岳。
途中でヘバッて、「馬の背ヒュッテ」にお世話になった。。ダブルパンチの山行きだった。

帰宅してから調べたら、なんと、、、、
国道の「南アルプス」の案内標識は ここが南アルプス「市」という意味なのだ!
南アルプス市は、誇り高き「日本で唯一のカタカナ名」の自治体として話題となった。
だったらなんで「南アルプス市」と書かないんだ!

腹の虫が収まらん。早速、山梨県庁に苦情のメール。
そしたら「山梨県道路管理課」から回答がきた。
「案内標識の表示地名は全国的に国土交通省の、案内標識の表示地名に関する基準(案)を
基に整備を行っている」だと。
そう、添付されてるその基準(案)には、、、、「市」を書かなくてよいことになってる!

だけど、たかが基準「案」だろうが。
実際、役に立っていないんだから「市」を書けばいいではないか?
国交省の命令だから? 国交省がコワイから?
山梨県としては基準(案)を逸脱して変更する気は毛頭ないらしい。
お役所根性もここに極まれりだ。腐ってる!

そもそも山梨県に「南アルプス市」を名乗る権利があるのか?
南アルプスは、静岡、長野、山梨の三県にまたがる膨大な山塊である。
それを勝手に独り占めして「南アルプス市」を名乗るとは何事か!
静岡、長野はなんで怒らないのか?
甲府盆地は南アルプスの「東」を占めてるだけなのに。
「南アルプス東市」とすべきではないか?

更に、甲府盆地から南に分岐する「中部横断自動車道」が工事中である。
この案内標識にも堂々と「南アルプス」と書かれている。
なぜなら分岐から2つ目の、出来たてのインター名が 「南アルプス」だからだ!
ますますヤヤコシイ、、、、

そして、、、、ある日、発見!
この高速分岐路の「南アルプス」インター案内標識の、長野側の1枚だけに
小さな「市」の字が手書きで追加されていたのだ!
基準案破りが勃発!!
長野から東京に帰るクルマが間違えて静岡方面に曲がってしまったらしい。
苦情が殺到して、困り果てたんだろうなあ。

それからも何度か甲府盆地を訪ねたが、実は「南アルプス」以外にも文句が。 
それは、、、
「山梨」とか 「甲州」とか 「甲斐」とか、という案内標識が国道の至る所にある!
いずれも「市」の表示が無いのだからますます困る! 
「山梨市」「甲州市」「甲斐市」の三つが盆地の中に群雄割拠しているのだ。
それとも「我こそは甲府盆地の主なるぞ!」といった戦国争いの最中なのか?

甲府盆地といえば、、、「山梨」だろーが!  「甲州」だろーが!  「甲斐の国」だろーが!
どれも昔から盆地全体と同義語だあああ!
なんで  「北」山梨市、 「東」甲州市、 「北」甲斐市 じゃいけないのか?

77歳の化石じじいにとっては、甲府盆地とは即ち、山梨、甲州、甲斐の国だ.。
戦国時代からの、とても由緒深い地名なのだ。そして県庁所在地は昔から甲府市だ。
県庁所在地でもないくせに山梨市を名乗るな!と怒り狂ったが、まあ仕方がない。
山梨市が出来たのはずいぶん昔の事らしい。
とにかく、どーなってるんだ?!! オレには山梨県民のアタマの中が理解できない。


ここからはオマケ話です。

日産自動車は敗戦後、血で血を洗う労働争議に明け暮れた。
そこで、メインバンクから社長を送り込み、その親族を管理職にして、労組の切り崩しを図った。
そこに、会社に協力するための第二組合を率いるある若手ホープが出現。
彼こそ、いずれ労働組合のカリスマ会長となるのだが。

第二組合による切り崩し成功で労働争議は敗北。
そのときの「社長の親族」こそ、何を隠そう、私が最初に配属された設計課の課長だった!
すごく若い課長で、かっての日本軍の技術将校だったそうで、体も声もデカかった。
昭和天皇の敗戦の詔を聞いて切腹しようとして、やっぱりヤメタと言っていた。
筋金入りの元軍人だ。これじゃ、体力勝負で第一組合は負けるはずだ。

かの若手ホープは第二組合イコール「御用組合」に模様替え。
社長のご寵愛を受け、3年間、海外で経営学を学ぶために留学に出発!
ナヌ?労組なのに経営学?よく分からん。まさか将来、社長を目指していたのか?
私はこの直後に入社したので、彼を見たことはなかったが。

ある日突然、その若手ホープは帰国。
直ちに昼休み「全員大会」を開き、延々と演説をぶった。  「アイツ、誰なの?」
そのあと、ソイツは独裁制を敷いた。第二組合のトップを次々と粛清!
といっても処刑したわけではない。下請けに飛ばすのだ。どうやって?
そのとき既に会社人事まで左右できるほど、ご寵愛社長の暗黙の了解を取り付けていたのか?

遂に全権を把握して独裁体制確立、名実共にカリスマ会長となった。
それからはやりたい放題、ご寵愛社長は引退して会長に。
そして後任社長が来たがこれを相手にせず、会社の経営に口を出すようになった。

カリスマ会長は人事権を掌握。従業員は先ず労組にお伺いをたてねば何も出来ない
大卒社員が会社の管理職になるにも、一度は組合役員を経歴しなければOKが出ない。

例年開かれる組合の総会は、まるで侠客の総会を思わせる鉄の規律で有名になった!
カリスマ会長は髪を伸ばして「金八先生」いや「壮士」気取り。「天皇」と呼ばれた!
日本中の自動車組合を業種別組合としてまとめようとした。
アメリカはそうなってる。これも留学の成果か?

労働組合は、選挙の度に仕事そっちのけ、選挙活動専従者を編成。
違反スレスレの戸別訪問での票集めを全従業員に強いた。何で?
そう、カリスマ会長は国会へ自分の子分達を送り込み、自身は黒幕として
自動車業界の発言力を高めようという野望を描いたのだ!
結局、それは一部成功したが。
まあ、宗教団体が国会進出するのと同じ手法だね。

従業員に戸別訪問させていたその日、カリスマ会長は何をやっていたのか?
そう、自家用ヨットで葉山の海に! 
カリスマ君はヨット三昧、銀座で女遊び三昧だったのだ!
あの頃はやった言葉は、ズバリ「労働貴族」
「労働貴族で何が悪い!」と逆切れしてたね。

ある年、カリスマ会長が伊勢湾の小島での労組青年部イベントに自家用ヨットで廻航!
名古屋中の日産の系列会社は、その準備、ご接待に追われた。

ゴーン君じゃないけど、報酬いくら貰ってたんだろうなあ?

挙句の果てに、、、、、
このカリスマ会長は、会社側の後続新ワンマン社長と経営覇権を争った。
新ワンマン社長も負けちゃいられない。本社人事部に極秘情報捜査チームを編成。
ゴシップ・クーデターの機会を狙っていたのだ!

ある夜、カリスマ会長は、かの有名な写真誌「フライデイ」のスクープにひっかかった。
愛人のアパート宅にトンカツぶら下げて、ご入場寸前を撮られたのだ!なんか、可愛いね。
そして見事に敗北。衝撃の転落から2度と立ち直れなかった。

会社の捜査チームが事前情報を流したのか?
今回のゴーン事件も同じことだ。極秘捜査情報チームが出来てた?

日産のクーデターの歴史は繰り返す!

バブル崩壊後、日産自動車は「有利子負債」で倒産寸前となった!
「有利子負債」って何? 無利子の借金なんてあるわけねーだろうーが!!
日産は、戦後ずーっと銀行の食い物にされて借金漬けの歴史だった。
設備投資する度に、メインバンクからムリヤリ借金させられる。
いくら儲けても内部留保なし、みんな利息支払いに吸い取られる。
そう、今の日本国の借金漬け、財政破綻と同じ道を歩いてきたのだ。
だから従業員の給料は、いくら好況でもちっとも上がらなかった。

そして私は、、、、リストラされて名古屋の子会社へ飛ばされた。
そう、何百人の中堅層が子会社、下請けに飛ばされたのだ。
その人材?を受けた子会社、下請けも大変だった。その後、何年もの単身赴任。
もっともその時は、倒産寸前だったなんて従業員には全く知らされなかった。

そのあと、「M資金サギ」なるものも発生!
私が入社したときに説明してくれた人事の若いエリート氏。
この人はいずれ会社トップの娘婿となって、最後は取締役まで登り詰めた。
その彼が会社の窮状を救わなければと「M資金」なるものに独断で手を出した。ナニソレ?

まあ「徳川埋蔵金」、ナチスドイツ再起のための「南米隠し財産」みたいなものだ。
敗戦直後の混乱期にGHQとか政府が隠した膨大なカネをこっそり融資するというふれこみ。
そんなものあるわけない!架空の話に決まってる。
でも彼はそのサギグループにひっかかって、会社に損害を与えた。
マジメで思い詰めてたんだなあ。事実は小説よりも奇である。

そして、、、
私が飛ばされた子会社も、カルロス・ゴーンがやってきて、工場ごと閉鎖、
解散させられてしまった。

オレは早期退職して田舎暮らしに突入。山の中の3K工場へに再就職。
でも、キタナイ、キツイ仕事だった。高齢者にはそんな仕事しかないいのだ。
日産には、ルノーが乗り込んで来ても経営責任取らずに居座ってたヤツもいたたけどね。

オワリ。












スポンサーサイト



房総の風土病?寄生虫

DSC02947.jpg

今日は、房総のヤブ山登りで知っておかなければいけないことを誤解、中傷を
覚悟の上で正直に話そう。いや何も房総に限った話ではない。
日本中のヤブ山に共通した注意事項です。

1.かって十朱幸代の主演映画「震える舌」で世に出た「破傷風」、、、
    診断が遅れると治療は大変なことになる。高齢者は死ぬ。
    房総の土壌中には普通にいる細菌。
子供の土いじりでも傷口から菌が侵入する。畑仕事は必ずゴム手袋すべし。
    破傷風は、千葉県全体の医療機関で認知されてる。
    ケガをして外科に行けば、必ず抗生物質やワクチンの追加注射されるはず。
    だがワクチン効果は10年で薄れる!油断大敵。

2.戦前から秋田、山形、新潟で恐れられた「ツツガムシ病」、、
    だが今や全国で確認されている。房総、伊豆七島、東海、関西、、、、
    風邪の症状と同じだが、2週間もすると全身に血栓(赤い斑点)が出る!手遅れになる。
    かっては致死率がハンパでなかった。
    今は刺されて1週間以内に診断がつけば、抗生物質投与で2日で全治する。
    関東のツツガムシは富士演習場の占領軍アメリカ兵が集団感染して
    初めて発見され、全国区の調査につながるきっかけになったという。

    三種のダニの幼虫に病原体あり.。どこにでもいるわけではなくて
    マムシと同じで、群生地がある。それがどこだかは、刺されないと分からない。
    林業者、狩猟者、農業者、土木業者がやられている。
    帰宅してから症状に気付いたら外房の医療機関へ出向くこと!
ナンデ?  外房の病院はツツガムシについて、しっかり研究しているからだ。

    山に入ったことを確実に申告すること。
    身体中を調べてダニの噛み跡をさがすこと。それで診断が確定する。
    そうしないと死ぬ、死んだ人がいる。    
3.中国地方で確認された「日本紅斑症」(SFTS)、、、
    マダニの一部に病原体あり、発生数はまだ少ない。
    症状はツツガムシに似ているが、効く抗生物質の種類は違う。
    鹿、猪の駆狩猟者は「殺すとウジャウジャとマダニが落ちる」という。

4.丹沢山塊で有名になったヤマビル
     今のところ病原体はなし。天敵がいないので1匹見かけたらもう手遅れ、
     大増殖している。血は3時間は止まらない。卒倒しそうになる。
     でも死ぬことはない。医者に行くことは不要。
     ヤマビル、マダニは、鹿、猪、ハクビシン、アライグマ,に寄生して移動するため、
     今や全国区になった!
     真夜中の山間部国道はサファリパーク状態なのだから。
     房総では、かって外房、南房総だけが分布域だったが、今や内房にも進出。
     だが、内房の自治体のPR活動は手ぬるい。

5.疥癬(カイセン)、、、、、、、、、ヒゼンダニ、
     土壌のどこにでもいる。感染力がスゴイので周囲は大変なことになる、隔離される。
     皮膚の下にトンネル掘って生活し、卵を産む、ゾンビだ!!猛烈にカユイ!
     
     屋外だけではない。田舎だけではない。都市部でも発生する。
     老人ホームの寝たきり高齢者で多発している。
     年寄りは、ホームに入居する前の生活で感染してることがある。
     シーツ交換回数が少ないからだ。
     私の亡母が入っていた有料老人ホームで発生!月に22万円も払っていたのに。
     全館隔離、フザケルな!!ただちに連れ出した。
     オレは老人ホームには死んでも入りたくない!

     50度以上でないと死なないから布団を日光に当てても意味なし。
     布団乾燥機の「70度以上、ダニ殺しモード」が最強!
    
     関東のタヌキの30%は感染してる、毛が抜けて皮膚が赤裸になってる。
     外飼いの犬も感染している。

     戦中は軍隊の塹壕生活で蔓延した。だから大戦の度に大流行する。
     真珠湾攻撃のあと、アメリカ軍の太平洋司令官が疥癬にかかって、
     交代するハメになったという有名な?話がある。
     シベリア抑留の兵隊さんもひどくやられた。
     
     土壌だけではない。学校の合宿所でも集団感染あり。
     洗濯しないと、風呂に入らない、ゴミだらけにすると、、、確実に発生する。
     引きこもり、万年床、ゴミ屋敷ジジイはアブナイ。

「人類の最大の天敵は虫である」、、、、、NHK 「チコちゃんに叱られる」より

動物達は、マダニ、ヒゼンダニ、ヤマビルに寄生されても自分では排除できない。
家族で生活するので感染が拡大する。
猿は自力でなんとか排除できるらしい。

ヤブ山に登る時、そして万一、そこで遭難して山中で一夜を明かすことになった時、
キャンプするとき、これらのことを頭に入れて行動すべきなのだ。
大分県のスーパーボランテイア、尾畑さんによって三日後に救出された坊やは
全身をボコボコに虫にやられてた。かわいそう。

ヤマビル、マダニは「冬は出ない」という迷信があるがウソだ。冬眠はしない。
ヤマビルは11度以下では行動しないだけ、温度が高ければ冬でも出る。
マダニも同様だ。ヤブに突っ込めばくっつく。
房総のツツガムシ(ダニの幼虫)に至ってはわざわざ秋、冬!春に出てくるという。

こうなると房総のヤブ山探検はコワくてやってられない。でも安心してください。
私は十数年、房総の山中を徘徊してきたが、マダニに刺されたのは3回、ヤマビルも2回だけ。

それなりに防御すれば防げるはず。防御のしかた?ネットで無数に調べられます。
みっともないけど、ズボンの裾を靴下に入れる、その上からガムテープで巻く。
足首、手首、首回りに虫よけをスプレーする。ヤマビルなら塩水スプレーでもいい。
身体に枝や葉先が当たらないように、道幅1m以上の道を歩く(ヤブではムリ!)
ザックを地面に置かない。脱いだ上着を枝に掛けない。草地に座らない。
休憩中も立ち止まらない(ムリか?)

下山したら、舗装路面の上でお互いに点検し合う。お持ち帰りすると自宅で増殖する!
帰宅したら玄関の外で全部脱いで虫の付着をチェック。(ナントカ陳列罪に注意!)
といってもツツガムシは1mm以下だから見えない。
そのまま即、洗濯、自分も入浴せよ。病原体が注入される前に洗い流せればセーフ!

身体中を点検する。見えないところに刺さったマダニはホクロかイボと間違えやすい。
1週間も血を吸うと満足して、丸々膨れてポロッと自分で落ちる。
と言うことは室内へ落ちるかも知れない。

とにかく、症状が出たら、すぐに外房の医院の診断を受けることこそ身を守る術だ。


唐突ですが、、、、近代文明って何だと思いますか?
産業革命、機械技術、そして電子、コンピューター技術?
そうではない!

医療技術、そして衛生知識の教育、啓蒙こそ近代文明です。

戦前、敗戦直後の日本は近代文明国ではなかった!
南方戦線での日本軍戦死者の半分以上は餓死、病死者だった。
マラリア、アメーバ赤痢、疫痢、腸チフス、パラチフス、、
何が戦争だ! 人命軽視、犬死ばかりだ。

私の父方の祖父は、ヒゲソリ跡の傷口からばい菌が入って敗血病で死んだ。
ペニシリンがあれば何も問題がなかったはず。

私の母は、赤痢にかかったあと偏見受けて、丸の内のモダンガール(OL)を退職した。
東京ですら一部の家庭では「ポットントイレ」の近くの井戸水で炊事をしていたからだ。

占領アメリカ軍は、国民全員のシラミ退治に全身にDDTを吹き付けた。
母は「あれでシラミが全滅した」と喜んでた。
DDTの残留性が問題になったのはその20年後だが。

小学校では毎年、回虫退治にヒマシ油を飲まされて、モノスゴい下痢を強制された。

私は小学校のプールで溺れて水を飲み、肺炎で生死の境をさ迷った。
それを1本1万円のペニシリン注射で助けてもらった。
戦後の抗生物質の発見こそが人類を救ったのだ。

人類の文明の始まりは、火で調理することだった。
これで無数の感染症、寄生虫から逃がれることが出来た。

今や、サバの刺し身だ、鮎の刺し身だ、マスの刺し身だ、シラウオの踊り食いだ、
ホタルイカの刺し身だ、生レバーは旨いとか、グルメで流行ってるが、、、、
とにかくナマモノは全て寄生虫のリスクが厳然と存在する!

熊の生肉でやられた話は毎年出る。
お父さんが釣った鮎を刺し身で食べさせられた女の子が感染したとか。
魚、イカの刺し身でアニサキサにやられる人は後を絶たない。

カイワレ大根ブームの後の「Oー157事件」もあったっけ。
あのあと、無数の栽培温室が廃屋と化した。
沖縄では、ナメクジが這った生野菜を食べて「広東住吸血虫」にやられる人が毎年出る。
海外ではマスクメロンで大変な事件があった。生野菜はいまだに時々、事故がある。
東南アジアでは特にアブナイ。

生食は全て文明の逆行だ!寄生虫の危険、感染症の危険、、、、

こういうことをきちんと低学年の学校教育から教えて常識化すること。
それこそが文明なのだ。
失礼ながら開発途上国ではこれは絶望的に行われていない。
日本だってたいして変わりはない。無知ほどコワイものはないのだ。

何が言いたいかって?  ヤブ山に登るだけでも衛生知識は必要だということです。
かって、縦走中、登山者夫婦から余らしたお握りを貰って、ワンゲル部員が集団食中毒になった。
おにぎりは蒸れたザックの中では半日しか保たない。

水道水は常温でも栓がしっかりしてれば1週間は大丈夫だが、
湧き水、名水は冷蔵しなければ保たない。塩素が入っていないからだ。
これも近代文明に逆行している。
水道水に塩素を入れるようになったのは、意外なことに比較的最近のことなのだ。
それ以前は、飲料水が原因で、歴史上、どれだけ無数の人間が死んだことか。
失礼ながら開発途上国の多くはこれも絶望的に行われてはいない。

沢水は絶対に飲むな!沢で顔を洗って寄生虫が鼻腔に侵入した例もある。
湧き水は多少安全だが、保証はできない。煮沸が原則、でも保存はきかない。
アマゾンではオシッコすると、それを遡って胎内に入る寄生虫がいる?!ヤバイ。

私は敗戦直後の東京、飢餓状態の中で、ワルガキ共と一緒になって
カタツムリやザリガニを焚火にくべてから食べた。
カタツムリ、ナメクジ、ザリガニにも寄生虫(線虫)がいる。
いじくるのは非常に危険である。

なのに、、、東京の溜池にもたくさんいた食用カエル(ウシガエエル)だけは
いくら捕まえても、とうとう食べる勇気がなかった。

書きかけです。
プロフィール

ゴンベ

Author:ゴンベ
房総の沢、滝探検、ヤブ山探検、地形調査、デインギー(ヨット)などを書いていこうと思っています。
分かりやすいように書いていくつもりですが、もし分かりにくいことがあればコメントをいただければ可能な限り答えます。
読んでいただければ幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR