fc2ブログ

三郷スカイライン

本題に入る前に、、、、
ついこの間まで住んでた千葉房総半島の自慢話です。
クリックして全体を見てください!

千葉県大多喜町の「大戸の洗い越し」です。
沢床の水面下に道路を作ってある。だから水は常に道路を乗り越えて流れてる。
クルマは水面下の道路を踏み外さないようにジャbyジャブと通過する。
もちろん、増水時は渡れない。流されたらアウト!
アフリカ、オーストラリアにも似たのがあるが日本では珍しいんです。

向こう岸には耕作地しかない、人家が無い。なので橋を作るのがもったいないというわけ。
千葉房総の川は、川床が堆積岩なので軟らかい。
だから山間部では侵食されて深い「ゴルジュ」になってる。
道路を切り通して、沢へ下ってから渡るのです。向こう岸も切り通しを登ります。
最初、渡るのにはけっこう度胸がいります。
DSC07015.jpg
さて本題に入りましょう。
img515.jpg
これは上が北です
「日本アルプス総図」という大縮尺の地図を、ヒマに任せて虫眼鏡で調べていたら、、、
「三郷スカイライン」を発見。何だろう?
やたらヘアピンカーブが連続している。林道らしい。とても車道には見えないのだが、
登り切った終点に「展望台」が!しかも「ここまで車が入る」とある。

これは行かねば!と出動。だがまだ3月初め、当然除雪されてないはず。
三郷地区の入口には「サラダ街道」の看板あり。ナニコレ?
高原野菜の産地なのか?
とにかく安曇野にはカタカナ道路が多い。
「オリンピック・ロード」「アート・ロード」「スケッチ・ロード」などなど。

サラダ街道を曲がって人家の間をまっすぐ山麓へ登っていくと林道ゲートに突き当たる。
路肩駐車させてもらって、長靴、チェンスパイク、両ストックで、ゲートのパイプの
横から林道に入る。すぐにヘアピン、ツズラ折れの連続。どんどん高度を上げる。
積雪は日の当たるところは溶けて舗装路面が出て凍ってる。
ワダチもある。4駆の軽トラなら何とか登れるかも。

だが地区の森林だという植林の真っただ中、全く眺望無し。
今にも冬眠から覚めた熊が出そう。
出た! いや、地元の人でした。「気を付けて。自己責任でね」と。
三郷スカイライン

高度が上がるにつれてどんどん雪が深くなって、水平になったところでとうとう立往生。
このあたりから南向きのため雪がさらに腐ってる。
こりゃ、カンジキかスノーシューでもないとムリ。
雪が溶けたらまた来ようということで撤退決定。

そして、図書館で偶然見つけた本によると、、、、

「釜トンネル、上高地の昭和史」 菊池俊朗著
  ここに三郷スカイラインがなぜ作られたか?が書かれていたのだ!

壮大な話だが、上高地と言えば、、、、
1.ウエストンが通った「島々谷から徳本峠」のクラッシックコース。
2.そして言わずと知れた「沢渡から釜トンネル」  

だが、
1・徳本峠ルートの林道は、度々崩壊して廃道寸前、延々9時間。
  今は徒歩でも崩壊壁の突破があるのでゲート閉鎖のまま。
  最後は急登りの登山道。山岳部のトレーニングには使用されてるが
  もちろんクルマは登れない。

2.釜トンネルルートも、歴史的には崩壊、雪崩事故を起こしてきた。
  暴れん坊の焼岳が、またいつ噴火するか?その時、上高地は孤立する。

他にも入山するルートがあった方がいいのではないか?
となればと、、、、、
1.、昭和30年代に、、、小倉(三郷地区)の有力者連が自費で
  「三郷スカイライン」を作った!
  尾根伝いに「大滝山」経由、徳沢へ降りる車道建設だ。
  だがこれも認可されずに鍋冠山直下で工事ストップ。
  土、日曜限定で展望台までバスが運行された!?よく登れたもんだ。
  今は「冷沢登山口」として残された。、、、ということらしい。

2.昭和40年代、常念岳、蝶ケ岳の「三股登山口」から、蝶ケ岳の山腹を
  トンネルで貫く案まで!これも認可されなかった。

3.昭和40年代半ば、飛騨側からは「新穂高ロープウエイ」が完成!
  しかも西穂山荘脇を乗り越えて上高地へ降りるケーブルまで計画された。
  だが、さすがに現在以上の延伸は認可は認められなかった。

この冷沢登山口はどのくらいの利用者がいるのか?
大滝山まで眺望がないそうです。森林限界を超えていないからねえ。
蝶が岳からの下山に使うとしても延々9時間!
そこから林道下り、里へ出て、タクシー呼んでもらうのかあ、大変だ。
上高地へのルート

右が北です!


そして、、、、もう一冊、古い本を見つけた。
「北アルプス物語」  (朝日新聞 松本支局編)

これによると、
1.江戸時代の文政2年(1819年)安房峠をバイパスする「飛騨新道」として、
  梓川村の有志連合がこの三郷スカイライン・ルートの原型を計画、完成させた。
  だが相次ぐ雪崩、崩落で25年後には廃道となったそうだ。

2.その後、文政11年(1828年代)に槍ヶ岳を開山した念佛僧の
  「播隆上人」が、スカイライン・ルートを使って上高地経由で槍ヶ岳に登っていた!
  彼は山頂に仏像を置くだけでなく、後日、信者が登りやすいように
  太い「ワラ綱」まで垂らした。
  このときは小倉地区の案内人、信者のお世話になってる。

3.当然、これでは耐久性がないので更に信者の寄進で鉄の鎖を準備。
  ところが天保の大飢饉が!「槍ヶ岳を汚したタタリだ!」と石を投げられる羽目に、、
  飢饉が収まった数年後、ようやく信者が、保管された鉄の鎖54mに交換した。

つまり、スカイラインルートを使って牛馬が重い綱や鎖を運び上げ、
ボッカが槍ヶ岳まで運んだ!スゴイことだ。
このころ、播隆上人はもう動けなくなっていたという。
このスカイラインは歴史的に由緒高いルートだったのだ。

明治30年までは槍ヶ岳頂上の鎖は存在してたが、その後、盗まれた!バチ当たりメ!
昭和6年に小倉地区の地元のお寺、信者が、今も残る3本の鎖を取り付けたそうだ。

オマケ

ほぼ雪が無くなった4月に再訪、まだゲートは閉まってた。
熊は冬眠から目覚めて出没覚悟!
延々と林道を登ってたら、途中で道路の雪、ドロを重機が片付け中だった。
「気を付けてください」と言われたが、やっぱり登っちゃマズカッた。
何か所か路肩崩壊があった。シーズンになっても修復で通行止めがあるかも。
安曇野市は大変なカネをかけて維持しているのだ。
DSC07990.jpg
途中にあったハングライダー用?パラグライダー用?の離陸台。
それにしても短かすぎる!相当な度胸が要る。

展望台に着いたら、、、、安曇野以外は何も見えなかった!
ここから更に鶏冠山を越えて大滝山まで登らないと上高地や北アルプスは
見えない。残念。

ちなみに林道往復16km、入口は640m、展望台は1400m、標高差740m
とうとう81才となった私は、登りに2時間ちょと、下りは疲れて3時間以上!ヘロヘロに。
いくら車道とはいえ、長すぎたああ、、、

4月から開通したらクルマでたった20分!安曇野の夜景が楽しめます。
但し狭くて急なので初心ドライバーはムリ。
特に夜間は真暗でヤバイ。イロハ坂並みです。

オワリ


スポンサーサイト



安曇野のハザードマップ

市役所のハザードマップはページが分かれてるので全体が全く見えない。
なので自分で全体像を描いてみたのがこれです。
安曇野市ハザードマップ全体

安曇野市役所から防災マップをもらってきた。
オヤ、何ページにも分かれてる?
この間まで住んでた房総半島の市ではたった2枚だったが。
と言うことは安曇野は潜在的な激甚災害地なのか?

内容が層別化されずにランダムに説明されてるので判りにくい。
まとめ直すと、こういうことらしい。
   1.洪水、土砂災害編マップ、、、がけ崩れ、土砂崩れ、土石流、地すべり
   2.地震編マップ
        (A)揺れやすさマップ、、地盤の違いによる差
        (B)震度想定マップ、、、長野県全体からのデータかな?

土砂災害は、四つに分類されてる!なるほど。
活断層の説明だって10くらいに細分化されてる。実に学術的だ.
さすがに海が無いから津波被害は関係ない。
だが、、、、液状化現象には全く触れていない。砂地が無いのかな?

青い範囲が冠水面積..。デカイ!
烏川、カラス川と言うのは「空洲川」の意味だと聞いた。
つまり伏流水だ。だが洪水の時は地表をあたりかまわず流れる?
茶色いところは土砂災害の発生しやすいところ。
黄緑色の平野がまずまず安全な面積。太古からの扇状地だ。
東西の広くて白い範囲は言わずと知れた山岳地帯。土砂災害だらけだろう。

安曇野と隣の松本平を流れる数本の川は「明科」で全て1本の大河「犀川」に合流し、
途中、深い峡谷を延々と抜けて長野市の千曲川へ合流する。

だから大正の末期までは安曇野には日本海から鮭が遡上してきたという。
安曇野でサケ漁をやってた!梓川でも、松本でもサケが獲れてた!
一番獲れたのは「明科」だったという。だがダムが出来て絶滅した。
ダムに魚道を設けたら、、、、そこで密漁して一網打尽!
以来、魚道も作らなくなった。、、、、一体、何なんだ!悲しい。

「安曇野節」に「槍で別れた梓と高瀬、巡り合うのは押野埼」とあるそうだ。
押野埼とは明科のこと、とてもよく分かる!
槍、穂高、上高地が源流では、大雨になったら梓川、高瀬川はハンパでない水量だ!

合流点の「明科」は、かって林業の集積地として栄えたそうだ。
山中で伐採した丸太は積雪時に橇、ソリで運んだ。
山岳博物館に1人で動かすソリがあった。2本レールではなくてモノレールだ。
諏訪神社の「木落とし」のミニチュア版だ。左右にV字の棒が出てる。
これを握ってコントロールする。常に山側に立つ。そうしないと下敷きになる!
下の川まで運んだら、また山中まで運び上げる。大変な労働だ。

犀川は水量があったから江戸時代に水運もやってたらしい。
岸から3人から6人がかりで綱を曳いて登ったそうだ。
急流だから大変だったろうに。

洪水のときは、合流点は水がぶつかり合う。
膨大な雨水の、安曇野からの出口は犀川しかないのだ。
どの河川も普段は水量が少ない。伏流、ゴロタ石だらけ。
しかしどれも異様に川幅が広い。つまり典型的な暴れ川だ。
大雨になれば両側堤防の幅一杯に水が溢れるのは間違いなし。

ひとたび河川が氾濫したら、安曇野市役所まで水没する!
ハザードマップによれば安曇野は広大な「遊水地」に見える。
もちろん各河川には延々、数メートル高さの堤防が続いている。
そして上流はダムだらけだ。それでも暴れ川の「梓川」は油断できない。

空想ごとではない。長野市だって、ついこの間、豪雨で千曲川が氾濫して
多数の新幹線車両がパーになったではないか。

なお、民話でも、、「昔々、安曇野は湖だった」
「そこで犀竜という名の母にまたがって息子が犀川を切り開いて水を落としたので、
平野になった」
そういうことにしておこう。

ハザードマップには、、、
「土砂災害特別警戒区域の住人が移転したいときには補助制度がある」とのこと。
近年出来た別荘地、宅造地だって結構、活断層の上にあるけど大丈夫なのか?
私権制限は難しいけど「再建築不可地域」指定されてるのかなあ?
千葉のビンボー市だって、ちゃんと規制があった。
だから何年経っても売れない家があった。
そうしないと、どんどん別荘が出来ちゃうよ。

唐突ですが、図書館の本によると、、、もともと「安曇野」ではなかった?
「安曇平」そして「松本平」と呼んでたそうだ。
ただし一部の文学者は安曇野を使ってはいたらしい。

それが昭和40年代に、安曇野の歴史と人が描かれた「安曇野」という
長編小説が出た。それ以来、安曇野という名前が一般的になった。
そうだったのか。確かに文学的なネーミングだとは思ってたけど。

「梓川」も、いいネーミングだ。
古代、朝廷に弓の材料として「梓」という木を税として供出させられた。
弓が竹製ではなかった時代があるんだ。儀式用かな?
こっちは新宿発の列車の歌がヒットしたね。

その後、度重なる町村合併で安曇野の境界線は変遷した。
だから安曇野市の外側にも「安曇」の地名が沢山ある。そういうことか、納得。

最終的には五つの市町村が合併した。
だから安曇野市役所の支所が五つある?
五つの支所の各々には、豪壮で超モダンな設計のコミニテイホール、体育館、文書館、
美術館、故人記念館、武道館?、図書館、歴史民俗資料館などが併設されてる!

これ以外にも個人の美術館がほうぼうにたくさんある。
ハコモノだらけだ。いや、文化都市だ。

そして、たいてい広大な公園、運動場などもセットでついてる!
安曇野は平地が有り余ってるからね。
この間まで住んでた房総半島のビンボー市では図書館はゼロだった。
隣の「お金持ちの市」の図書館まで通ったっけ。
だが、、、今、それらの設備を利用してる人は僅かしか見当たらない。
コロナのせいばかりではない。作り過ぎじゃないの?

文句言いたいのは、、、、数か所にある歴史民俗資料館、博物館だ。
最新の地図にも、しっかり載ってるし、立派な建物は残ってる。
大きな案内看板だって立ってる。
なのに、、、、、2ケ所を除いて、どこもずっと前に閉鎖されてたのだ!
支所の職員に、場所を聞いても「?」若い職員は知らない。
ようやく見つけたら倉庫になってる。
採算がとれないことは理解してる。だがもっとまじめにやってもらいたい!
安曇野断面
大町の山岳博物館の図によると、安曇平はこんな断面だそうです。

安曇野は地質学的に実に興味深い場所だ、フォッサマグナの真っただ中。
明治時代に招聘されたナウマンさん、若干21歳のドイツ人で10年滞日。

彼が、たった10日の視察旅行、たった1日の安曇平の視察。
そこでナウマンさんが発見したフォッサマグナ!
「かってはここが海だった」「日本列島はここで二分してた」と。  天才か?
その証拠にゲンジボタルの点滅回数は西側と東側で違うらしい!

東の壁は活断層帯。西の壁は北アルプスの褶曲、造山帯。
そこに挟まれた安曇野は、北アルプスから流れ出す膨大な土砂で埋まった。
沖積平野、扇状地になった。6000m掘り下げても太古の海底には届かない!
底抜けか?いつかまた、安曇野が海になって日本列島が分断されるかも。

さてと、それはさておき、、つまらん話ですが、
エレベーター無しの4階アパートは年寄りにはムリだ。
そりゃ、家賃は割安だし、常念岳が目の前、白馬まで見える、眺望は最高だが。
法律ではエレベーターは5階以下は義務はない。
景観上、それ以上の高層アパートは事実上、作れない。
だれか低層専用の「激安エレベーター」を開発してくれないかなあ、ダメか。
仕方ないから、水没範囲を避けて、平屋の古物件探しを始めよう。

書きかけです。




冬の安曇野の過ごし方、その3

前回からのまたまた続きです。

ストックが、ショップでは1本4000円以上もするなんて知らなかった。
左右2本で1万円以上のもある!高い。そこでネットで2000円で購入したのだが、
実は、これは片側1本の値段だったのだ!広告画面では気が付かないようになってた。
そりゃ1本しか使わない人もいるだろうけど、2本セットで買うのが普通だろうが、、

あわててもう1本追加発注。現物が来たら今度はロックボタンが出てこない。
2人がかりで引っ張たらようやく「ポツン」とボタンが出てきた、やれやれ。

早速、雪道林道探検に使用。快適!   ところが、、、、
帰路、ズブズブの雪に取られて安物ストックが抜け出して、バラバラになってしまった!
たった3回しか使ってないんだよーー
DSC07906.jpg

原因は、、、、、
ボタンをロックするためにテンションを掛けてるワイヤーの下端が
インナーパイプと一緒に抜け出てきたのだ!

ワイアー先端の「アイを」抑えてるコーン状のスプリングが、
インナーパイプの端末より大きいので通過できないようになってる。
そうやってワイアーをインナーパイプに固定してた。
インナーパイプはアウターパイプに加締め、カシメて固定したらしい。
そのカシメが甘くて、ワイヤーのテンションに負けた。
結果、ワイヤと一緒にインナーパイプが上へ抜け出てきた。

製造不良ではあろうがずいぶん、いい加減な設計だ。
どうせ欧米品のコピー設計なのだろうが。
検査工程では不良は分からないだろうから、「交換します」と言われても意味ない。
中国製の発展は「客にテストさせて製品を改善する」という商法で発展してきたという。
まあ、安いのだから買う方も覚悟が要る。困ったもんだ。

もう一度、カシメする意味で、アウターパイプの上から思い切ってハンマーで凹ました!!
そしたら、、、、凹みキズは付いたが使えるようになった!これでいいや。
ついでに正常なもう1本も、ハンマーで凹ました。山の中で抜けたら困るもんね。

5.「一の沢林道」

実は前に紹介した「カラスガワ、烏川林道」の、谷を隔てた北側に「一の沢林道」がある。
常念岳への登山口になってる。台風被害は地元の方のご努力で修復されたとのこと。
当然、冬季は閉鎖だが、林道入口まではゴルフ場、リゾートハウス、ビレッジが
あるので完全除雪されてるし車も多い。

林道のすぐ手前に謎の施設と立派な駐車場がある。
ここに停めさせてもらっていいのかな?
DSC07913.jpg

DSC07916.jpg

DSC07918.jpg

DSC07919.jpg

一の沢林道ゲートの脇から入ると除雪されてない雪の上に四角いワカンのあとが続いてる。
冬山登山者がいるのだろうか?三又林道は日陰が多いが、こっちは南斜面。
そのせいか、3月に入ったからか、積雪は腐ってブスブス。
ワカンも潜ってる。長靴ではつらい。重くてラッセルにもならない。ズボズボの連続!

「スノーシュー」が欲しいが本物はメチャ高い!
安物プラ・スノーシューはホームセンター売り場からは消えてしまってもう買えない。
そういえば雪かきスコップも店頭から消えた。
もう一度くらい大雪が来るはずなのにねえ。春になったのかなあ?
DSC07917.jpg

DSC07921.jpg

DSC07926.jpg

DSC07929.jpg

林道だから展望はない。ところどころで蝶ケ岳の南側の尾根上のピークが見えてくる。


なんでここを知ってたのか?
実はここ、一の沢で起きた遭難の顛末を克明に描いた分厚いドキュメント本を読んでたからだ。
それによると関東の社会人山岳会の3人グループが冬山縦走中に予備日を過ぎても下山せず。
その1人は、私がかって働いてた大会社の人だった!

仲間が必死でトレースを求めて捜索、だがその目撃情報は途中で消えてしまって行方知れず。
公式の捜索はいずれ打ち切られた。さらに仲間は何度も現地に通って探した。

そして推理を重ねた結果、当時、「冬の下山路に使えた」という雑誌の記憶を頼りに、
ここ、一の沢へエスケープしたのではないか?と絞って捜索を続行。
ついに遺品を発見。さらなる大規模な捜索の結果、最後の1人を5月の雪解けで収容した。

あとで分かったことだが、地元では「底雪崩が出るまでは一の沢には入らない」と。
つまり沢筋はどんなに緩やかなでも雪崩の危険はあるということだ。

追記:
図書館の本で更に判ったことだが、大正時代にも、ここで雪崩遭難があり、
その救援隊にも犠牲が出た有名な二重遭難があったのだ!

続く。


プロフィール

ゴンベ

Author:ゴンベ
房総の沢、滝探検、ヤブ山探検、地形調査、デインギー(ヨット)などを書いていこうと思っています。
分かりやすいように書いていくつもりですが、もし分かりにくいことがあればコメントをいただければ可能な限り答えます。
読んでいただければ幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR